仮想通貨LeadCoinLDC)は、

ICOでの資金調達大成功からの、

販売代理店のロックアップと利確による大暴落で話題になった通貨です。

 

リードコインの日本ブロックチェーンコンファレンスでの様子
↓   ↓   ↓

そんなLeadCoinについて、

将来性や評判、そして通貨の購入方法をご説明します。

ビット子豚ビット子豚

そもそもLead(リード)って何なの?あまりピンとこないな。。

僕

Lead(リード)とは潜在顧客のことだよ。
うまくいけば、とても費用対効果が高いマーケティングになる可能性を持っている通貨ですね。では詳細を見ていこう!

LeadCoin(LDC)とは

LeadCoinはリードコインと読みます。

LeadCoinは、一言で言うと

「ウェブマーケティングでの、分散型プラットフォーム」

と説明できます。

 

やっぱりピンとこない、、(・_・; )

 

ウェブマーケティングという言葉の意味ですが、

「ウェブ上で販売者と顧客がWin-Winの関係を築く仕組み」

と言い換える事ができるでしょう。

 

そして、そのウェブマーケティングの、

非中央集権型ではない、

分散化でのプラットフォームがLeadCoinなのです。

LeadCoinで出来ること


LeadCoinのプラットフォームでは、その名の通り

Lead(リード)の売買が可能です。

 

このLeadとは、マーケティング用語で、

潜在顧客新規見込み客潜在需要

という意味で、通貨の名称にも使われています。

 

Lead(リード)の意味が分かったところで、

具体的に何を取引きするのか分かりにくいですが、

取引きできる情報は、以下の様なデータを含んだ見込み客のものとなります。

  • 購入意欲のある商品・情報
  • 購入希望額
  • 購入意欲の度合い

LeadCoin(LDC)の特徴

LeadCoinとは何かにつき、何となくお分かり頂けたかと思います。

次にもう少し深掘りして、LeadCoinの特徴を2点ご紹介致します。

その2点とは以下の通りです、

  1. 高効率なマーケティング
  2. カバーできる業界が広い

では、それぞれの点について説明させて頂きます。

高効率なマーケティング

既存のウェブ広告で有名なものといえば、

グーグルフェイスブックが挙げられますが、

これらの広告での成約率は高いとは言えません。

 

それらと比較し、LeadCoinでは

購買意欲の高い見込み客へターゲットを絞って

売り込みを行う事が出来る為、

効率のよいマーケティングであると言えるでしょう。

 

その費用対効果は、

グーグルフェイスブックの広告の

10倍以上と考えられています。

 

LeadCoinのウェブマーケティングを利用する事によって、販売者と顧客の無駄な労力や時間を削減することができるようになります。

カバーできる業界が広い

LeadCoinはブロックチェーン技術を使用する事で、異なる業界を繋ぎ合わせることを可能にします。

そして、分散型プラットフォームであるという事から、

業界間での情報交換もLeadCoinで行うようになるでしょう。

LeadCoinが始めに参入する業界は、

不動産業界になるとの情報もあります。

LeadCoin(LDC)の基本情報

通貨単位 LDC
通貨名 LeadCoin
日本語名 リードコイン
公開月 2018年3月
発行上限枚数 約26億
アルゴリズム ERC20
公式サイト https://www.leadcoin.network/home-japanese.html
Twitter https://twitter.com/LeadCoinJapan
Telegram https://t.me/LeadCoinNetwork
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

 

LeadCoin(LDC)の価格・チャート

LeadCoin(LDC)の口コミ・評判

LeadCoin(LDC)のメンバー


Mr.Shmulik Grizim」はLeadcoinの創始者です。

Webデザインやデジタルマーケティング業界で成功している3社の社長でもあります。

又、「Webydo」という世界で30万人以上もの利用者がいるWebプラットフォームの特許も持っています。


Mr.Moshe Hogeg」はLeadCoinのアドバイザーで、

Finney(フィニー)を開発した「Sirin Labs」(シリンラボ)の創業者 兼 CEOでもあります。

Finney(フィニー)とは、仮想通貨対応のスマートフォンで、以下の通り日経でも紹介されています。
↓   ↓  ↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29828850V20C18A4FFR000/

LeadCoin(LDC)の将来性・今後

先ずはLeadCoinのロードマップをご覧下さい。

  • 2018年2Q:UI/UXとモバイルアプリの開発
  • 2018年3Q:初のノードWebydo.comのローンチ
  • 2018年4Q:SDKの開発 + SalesForce、HubSpot、その他とのCRM統合

ロードマップで期待ができるのは、

「Webydo.com」でのローンチと、

2018年4Qに予定されている

「SalesForce」とのCRM統合でしょう。

 

因みに、「Webydo.com」はLeadCoin創始者が特許を持っており、30万人ものユーザーがいるWebプラットフォームです。

「SalesForce」は世界1のCRMで、同社の営業支援・CRMツールを導入している企業は約15万社にものぼります。

 

このCRMとは、

「Customer Relationship Management」

の略で、売上や利益に貢献する“優良客”を増やす、顧客志向のマネジメント手法のことを指します。

 

「SalesForce」のCMはこちらです。
↓   ↓  ↓

LeadCoin(LDC)は買うべき?

仮装通貨LeadCoinの購入は慎重になる必要があります。

ICOから価格は下がり続けており、一見底値とも見る事ができますが、見極めが重要です。

 

具体的なビジネスパートナー獲得や、「SalesForce」とのCRM統合で、リードの取引きが軌道に乗ることが見えてきたら買い時だと言えるでしょう。

 

価格が上がる前に購入するには、LeadCoinの動きをよく見ておく事が重要ですので、テレグラムへの登録をおすすめします。

因みに、2018年4Qに「SalesForce」との統合が計画されておりますが、同社は米フォーブス誌の「世界で最も革新的な企業」ランキングで4年連続1位に選ばれた実績がある企業です。

 

また、同社のCRMは実際に日本の有名企業にも採用されておりますので、

同社とのCRM統合がうまく噛み合えば、LeadCoinの価格も上昇する可能性があります。

LeadCoin(LDC)の買い方・取引所

LeadCoin のトークンであるLDCの取引は、1番リードの取引き量が多いliqui がおすすめです。

liqui でLDCはビットコイン・イーサ・USDTと取引ができます。

日本の取引所ではリードコインは購入出来ません。

LDCの買い方・購入方法の流れは以下の通りですので、参考にして頂ければと思います。

LDC購入の流れ
1. 日本の取引所でビットコインかイーサを購入
2. 日本の取引所から liqui へビットコインかイーサを送金
3. liqui でビットコインかイーサを使いLDCを取引き

 

日本の取引所について、セキュリティ面で安心できるところを探されている方には、

「世界一安全な仮装通貨の取引所」

として選ばれたことがある、こちらの取引所をおすすめします。
↓    ↓    ↓
https://mocjapan.com/anzen-torihikijyo/